2006.12.19

ぱんせ♡

もう、火曜日ですが・・・日曜日の思い出。

日曜日は友達の大好きな「宮崎あおい」の映画
を見に行ってきましたよ。
ユーロスペース@渋谷、レイトショーでした。 
見てきたのは『海でのはなし』。
 
スピッツのシングルコレクション発売(2006年3月)を記念して
製作されたショートムービー。
もとはヤフーの無料動画で配信されてたみたいですよ。
しかも、撮影に費やされたのは…48時間!!短!
 
…だからなのか、見ていて違和感を感じる部分も。
シーンごとにブツッて切れちゃうBGMとか。
撮り方も気になったなあ。表情の見えないカット割りとか。
高校生の手作り映画みたいだったよ・・・。
うちらのシネマボンジュールのほうがよっぽどうまいね!☆
 
まあ出演の俳優が好みの人たちだったので、ね。
彼らの演技に助けられたんじゃないかと評価します。(何様) 
西島秀俊の哲学的なセリフが好き。
似合うなあ~~と思います。 
もしあたしが理系なら物理がやりたいよ。 
 
物語の内容は、気になる人はこちらへどうぞ。

監督は大宮エリーというひと。初監督作品。
あたし的には「パンセ」からの下りが気に入りました。
哲学的な感じがとても。
(楓(宮崎あおい)と博士(西島秀俊)の出会いがさっぱり
見えてこなかったけれど。背景がもっとあったらな・・・。)
 
 
映画の中の一つの鍵となっているのが、
「人間は考える葦である」というパスカルの言葉。
ラストのシーンで宮崎あおいが「パンセ」を朗読するシーンには
なんだかとても引き込まれてしまいました。  

以下、パンセより。
『人間はひとくきの葦にすぎない。自然のなかで最も弱いものである。だが、それは考える葦である。彼をおしつぶすために宇宙全体が武装するには及ばない。蒸気や一滴の水でも彼を殺すのに十分である。だが、たとえ、宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すものより尊いだろう。なぜなら、彼は自分が死ぬことと、宇宙の自分に対する優勢とを知っているからである。宇宙は何も知らない。だから、われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある。われわれはそこから立ち上がらなければならないのであって、われわれが満たすことの出来ない空間や時間からではない。だから、よく考えることを努めよう。ここに道理の原理がある。』
 

すごく共感。思考中毒にはぴったりの考え方でしょう。
何を悩んだって、もがいたって、人間はそれがすべてなんだ。
悩めばいいのだ。悶々としている自分すら受け入れられる。
 
  
映画としてはもう少し膨らませてもいい気がするけど、
これが無料配信ムービーなんだから豪華で厚みがあって、
見ごたえは十分だったのかも。
宮崎あおいをスクリーンで見たい方は是非渋谷まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.01

未来は、はかなく、脆い

『Elephant』 (2004)
Photo_5


オレゴン州ポートランドの高校で起きた銃乱射事件のお話。
誰もがいつもと変わらない1日を過ごしていた。
食堂、図書館、教室、校庭・・・
そのどれもがいつもと変わらない風景であったし、
女の子は恋とかダイエットとか、
男の子は音楽とかスポーツとか、
いつもと変わらない話でもりあがったりしていた。
まさかこんなありきたりの水曜日に、
銃殺されて死ぬなんて、思わない。
友人が銃を向けてくるなんて、想像もしなかった。 
  
 

メッセージの受け取り方、
どの登場人物に感情移入するか、などは
観客であるわたしたちにすべて任されていて、
かなり自由な見方が出来た。
明確なメッセージを押し付けるような、
1通りの見方しか許さないような映画とまったく違った。
 
 
いつ、どんな形で死を迎えることになるか
なんて分からないんだなあ。。
あたりまえの日常がありがたいし、
それも逆に怖い。
 
 
前から気になってた映画。
この機会に学祭で流そうーと思ってたけど、
R15指定(!)の理由が分かっただけに・・・迷うなあ。汗。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.18

『月とキャベツ』

おとといは酔った勢いでレンタルビデオ屋さんへ。
ビデオとDVDを合わせて3作借りました。
 
 
とりあえずは『月とキャベツ』のお話。

「山崎まさよし初主演映画」というファンにはたまらない一作☆

『Onemoretime,Onemorechance』は名曲だと思います。わたし。


ほんとにキャベツが出てくるとは思わなかったよー。


『Onemore…』が映画の主題みたいになっていて…
見終わった後は改めて『Onemore…』の素晴らしさを感じましたです。
うっとりです。極上のラブソングです。

だってもう会えないんだよー!
どこ探したっていないのさ!!死んじゃってるから!!
きゃあー!!涙 
 
花火とヒバナのお話。
花火の一瞬のヒカリ・・・がヒバナなのです。


まったく内容なんて伝わっていないと思うけど、(笑)
夏に見るべき映画です!!
しかもちょうどこの時期にっ!!
8月16日がカギなのねーん。
夏の終わりのサミシサなんかも身にしみるです。
つまりは「もう会えない好きな人」です。切なくなります。
ヒバナが純粋なんです。まっすぐまっすぐ。
単純なお話でしょうけども、ナチュラルでシンプル??なのでは。。 


そんな映画を夜中ひとりで見るあたし。・・・。
まあいいさ。こうやって人は強くなるのさっ!!(?)

  

あしたはお買い物&オシャ飲み♪
念願の買い物ー!きゃー!!
…でも買い物に着て行く服がない。なんてこったい

どんな収穫があるか楽しみであります。
自慢できるようなものがあれば、勝手に自慢しまーす(*´Д`*)ノ
 
ちゃんと起きれますように・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)