« なおしまのはなし!② | トップページ | 北島“肉離れ”でも金! »

2007.08.20

なおしまのなはし!③

 
長々続きましたーー。 
旅日記も今日で終わりでしょうか!
 
 
ついに黄色かぼちゃお目見え☆
直島の人気スポットと言われるだけあって、
大学生ぽい人や20代後半ぽい大人カップルなどなど、
賑わいを見せておりました!
それで、みんな写真を撮るために、なんとなく順番待ち(笑)
なんだか不思議な雰囲気でした。

Naosima14
 
「ああ、ここは観光名所なのだったな」、と再確認。
時間もなかったり、人で賑わってたりで、
直島気分にゆっくり浸ってられなかったのが、残念でした↓↓
 

・・・・・そのわりには、
並んでる人に写真を撮ってもらったり、撮ってあげたりもして、
それはそれで楽しかったですけど(笑)

Naosima13

 

冬に行きたい。
冷たい空気のなかで見たいです。
・・・真夏に行ってしまったからなのか・・・。


 
さてさて、海辺の“黄色かぼちゃ”鑑賞後は、
再びMUSEUMの方面に戻り、
大竹伸朗の「シップヤードワークス」などの作品群を見に。
 
Naosima8_2
 

四方八方が海なワケでして、
夕日がこちらの海では夕日がめちゃきれい☆☆
日本海で見る夕日とはまた違って、
不思議な離島にいるような気分・・・・半分合ってるようなものか?

 
この辺には、大竹伸朗のほかに、
ウォルター・デ・マリア、ジョージ・リッキーっちゅう人の作品が設置されてます。

Naosima12
 
この写真の向こうに見える「3枚の正方形」。
風が吹くと、こんな重そうな3枚の板なのに、
風になびいてゆらりゆらりと傾くんです!!
まじまじと見入ってしまいましたーー。不思議。
 
 
残念ながら、全然写メを撮ってなかったあたし・・・、
たぶん、そんな暇もなく夢中になっていたんだと思います^^;
 
 
大竹伸朗のは、「全景」を見てきて以来だったけど、
シップヤードワークスをみれて、美術館の中で見たそれよりも、
直島で見れたものの方がより分かりやすかった!つうか自然!!
 
(そういえば、MUSEUMには、
同氏のスクラップブックも展示されてました☆)
 
 
 
かなりざっくりだったけど、見て回ったら直島に来たんだなーと実感。
続いて、急いで家プロジェクト方面へ。
夕方だから自転車はかなーーり快適♪♪
行く途中には、でかすぎるゴミ箱も・・・・!!!

Naosima9

後ろのが普通に森なんで・・・3mくらいあるんでしょうか??
なにしろデカくて笑っちゃいました。
中には看板のスクラップみたいなのが入ってました。
 
 
 
 
家プロジェクトは、
空き家だった家の中にアート作品を作るというもの。
あたしが行った時間ではもう閉館していたために、
家プロジェクトのある本村地区を自転車で駆け抜ける、
・・・という、そんな形で鑑賞しました(笑)
 
Naosima1


焼き杉の黒い家がたくさん軒を連ねていて、
これぞ!まさに!「風情」というもの!!
どれが作品でどれが民家かよく分からないかったんですが、
それくらい本村地区が趣きある地区だということです☆
わざと昔のまま残しているのだろうと思われますが、
逆におしゃれなお家ばかりに感じたのでしたーー☆☆
 
  

そして自転車をこいでこいで国道を駆け上がり、
再び宮浦港へと戻ってまいりましたーー。
途中、島民第一号!発見!
散歩中のあばあちゃんに出会いました。
自転車をちからいっぱい漕いでるわけで、
余裕もなかったですが思い切って「こんにちはーー」!
「あーまた観光客だな」と思われたかどうか知りませんが、
にこやかに挨拶していただきました。^^
 
 
港に戻ってからは、最後のお楽しみ!!
赤かぼちゃーー☆★☆★☆★

Naosima3
 
黄色かぼちゃとは微妙にフォルムが違うんですが、
こちらは中には入れるんです!!!
しかもね、
中には白と赤のライトで水玉の世界が広がってました○●○●

Naosima2

・・・・これじゃあよく見えないかもしれませんが(汗)
 
小さいころに遊びに行った「たこ公園」を思い出しました(笑)
 
 
 
2時間だったとは思えないくらい、満喫しました。
半日くらいいたんじゃないかって。
見れなかったとことか、食べれなかったものとか、
そんなのも数々ありますが、絶対リベンジしに来ますから!
一泊3万以上もする、宿泊棟にも行ってやりますよ!!!
 
 
決意と興奮覚めやらぬまま、高松行きのフェリーにのり、
帰路についたのでした。
 
 
 
長かった旅の報告もコレで終わりですね!ああ、満足!☆
 
地域おこしって素晴らしいです。
でも、新しいものと元々あったものを融合するのって、
なかなか難しいのかもしれないですね。
直島に行って思いました。
別に、難しい理解なんて必要ない。
老若男女に楽しめることが大切ではないのでしょうかーー。
家プロジェクトは、直接見れなかったけど、
地域とアートが結びついてる、より良い作品だと思う。
詳しく見てないので、なんとも不確かですが。
 
 
タクシーの運転手さんみたいに、面白くないという人もいれば、
直島のおじさんたちは観光客にとても優しくて、歓迎してくれる。
 
 
みんなが満足なんて形には遠いのかもしれないですが、
「現代アートによる地域おこし」というビジョンに共感を得ました。
福武総一郎は新しい?地域づくりを実践しているんだと思うのです。
 
 
早く、妻有アート見に行きたい!
大地の芸術サーーーイ☆★☆★☆★

|

« なおしまのはなし!② | トップページ | 北島“肉離れ”でも金! »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100203/7601544

この記事へのトラックバック一覧です: なおしまのなはし!③:

« なおしまのはなし!② | トップページ | 北島“肉離れ”でも金! »