« なおしまのはなし!① | トップページ | なおしまのなはし!③ »

2007.08.17

なおしまのはなし!②

なつやすみの宿題は早めに終わらせないとですね、。

…というわけで、忘れないうちに残さねば。。

背負わなくてもいい義務感を背負って、今日も書きます!

 
夢の直島に到着したワケですが、タイムリミットは2時間!
2時間みっちり楽しむしかないわけですね~。
 
とりあえず、
ベネッセハウス→家プロジェクトのコースだけ回ることに。
 
 
宮浦港にてフェリーを降りると、
目の前に海の駅「なおしま」というのがあるんです。
そこで、自転車をレンタルして、いざ出発!!

Naosima11_2

海沿いの道を汗をかきかき、進んでゆきます・・・・
はじめは風を受けつつ快適にこいで行ったんですがね、
そりゃあーもう激しいの!上り坂が!!直島!!
 
途中からは、自転車を押して山登り・・・・汗汗汗汗汗あせあせあせあs
 

 
でも頑張って登った先には下り坂があり、
そして、地中美術館がありました☆

Photo_chichu

安藤忠雄が建築し、
クロード・モネ、ジェームズ・タレルとウォルター・デ・マリアの、
3人の作品だけが置いてある美術館。
 
 
「美術館を鑑賞しだしたら2時間じゃ終わらん!」ということで断念・・・。。
“次回のおたのしみ”、になりました。 
 
 
 
そしてぐんぐん進んでいくと、ついにベネッセハウス!☆
入り口にいたスペインぽい外人さんに、英語で話しかけられる。
 
  (ここもうやってないの??)
 
それに答えるあたし。必死。
 
  「NO!」・・・笑
 
一体カナダでの3週間で得たものは何だったのか。
「NO!」じゃ伝わらないっつうの。
 
必死で、「まだやってるよ」と伝え、
知りもしないのに、「自転車で入れるよ」とウソをつく。
 

ベネッセハウスまでの道のりで、
案の定、自転車は止められたのでした。笑 

きっと外人さんには、
(あのガキ、うそつきやがって!!FUCK!!)
とか思われたことでしょーー、すみませんでした(笑)
 
 
ベネッセハウスまでの道のりは、上り下りが激しかったですが、
海を眺めながら、歩くというのは気持ちよかったです。
涼しい時期なら、もっと、ずうっと良かっただろうに・・・。

Naosima7
 

なんだかんだ登っていくうちに、
ベネッセアートサイト直島”の中核、ベネッセハウスに到着!
ベネッセハウスはMUSEUMという美術館と、
PARK、BEACH、OVALといった宿泊棟とがあって、
これらも全部安藤忠雄の建築なのですね☆☆
しかも、MUSEUMは美術館と宿泊棟併設になっていて、
そのまんま、泊まることも出来ちゃいます。

 
美術館には、大竹伸朗の作品やらジェームズ・タレルやら、
日本人、外国人・・・etc
いろんな作品が、いろんなやり方で展示されてました。
あたしたちが行ったころには、
ちょうどギャラリーツアーをやっていて、
レストランのウェイターみたいな、
イカしたお兄さんがお話しをして回っていました☆
わたしは自分のペースで好き勝手やりたい方なので、
ついては行かなかったですが、聞き耳だけ立てておりました★
 
 
館内は写真撮影禁止だという常識を越えて、
シャッターを切りまくる外人さん・・・自由だなあ。
(誰かと思えば、あたしが入り口でウソをついた人でした。)
 
 
海を窓の向こうに見ながら、作品を鑑賞したり、
高い壁の向こうの空を、石に寝転んで眺めてみたり、
普段の美術館では味わえない楽しみでした♪
ワケのわからないデカすぎるオブジェがあったりね、
夜明けの海を待って何枚も撮られた写真が、
海沿いにズラリと並んで展示されてたりね、
ここまでの道のりの辛さを忘れて、いい気分に浸りました☆
 
 
 
そして、MUSEUMを出て、PARK、BEACH方面へ・・・。
向こうに見えたのは、待ち望んだ「黄色いかぼ」さん!☆

Naosima14_2


まだまだ続きます!まだまだ続きます!!

|

« なおしまのはなし!① | トップページ | なおしまのなはし!③ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100203/7569254

この記事へのトラックバック一覧です: なおしまのはなし!②:

« なおしまのはなし!① | トップページ | なおしまのなはし!③ »