« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007.08.27

ボランティア、うまくできたかどうか・・・

 
イベントを終えて一息ついているわたしです。

ついにメタモルフォーゼーー行ってきたしーー♪
伊豆にうまいこと行けるかすらも心配でしたが・・・、。
まあ行き当たりばったりでも楽しんで行ってこれました☆☆
 
 
そうそうウカウカしてらんないんですけどね・・・。
ゼミ合宿だーよーー。
頑張らないとね。本読まなきゃ~。
ゼミは楽しいです!
やりたい勉強ができるってのはいいことですね!
これぞ大学の醍醐味でしょうね!!汗
ねっ!ねっ!汗
本読もっっ!汗
 
 
 
でね、実はお盆休みを実家で過ごしていましたが、
新潟滞在最終日に柏崎に行ってきました!
ボランティアに参加してきましたん。
 
帰省前から行くつもりで、気合い十分で帰ったんですけどね。
実家では母に何故か猛反対され・・・
「自分のこともちゃんと出来ないくせに!」
なんつって罵声をあび・・・
そんな母とは対称的な父。
一緒に柏崎に行ってくれることになりました☆
これで柏崎までの「足」は確保★^^
お父さんのおかげです。
 
 
 
あたしが参加したのは8月18日。
地震発生から1ヶ月と少しが経過しているころですね。
三島から山ひとつ越えて、1時間弱で柏崎到着。

途中、山間の集落には、
屋根をブルーシートで覆っている家が本当にたくさんありました。
これは瓦崩れの応急処置。
1階部分がぺちゃんこに潰れ、2階部分が地面についているお家も・・・。
道路はガードレールが崩落しているところも。
道路は工事が始まっていて、修復作業が進んでいました。

Kasiwazaki


柏崎の社会福祉協議会に到着して、まずは受付。
住所、連絡先、持っている資格、車の乗車可能人数などを記入。

整体士とか大工さんとか、
手に職を持っている人がちょっとうらやましくなりました。
何にも持っていないあたしには、お手伝いできることが少ない。
なんだってやりますが、市民のためになるのかなーっていう不安?


Kasiwazaki3

 
受付を終えると、ボランティアはしばし待機。
ここでボランティアセンターからのニーズを待ちます。
ボランティアセンターのスタッフさんは静岡とか千葉とか、
全国の社会福祉協議会から来ている模様。
新潟は全国の人に助けられているんだな~て実感しました。 

 
駐車場の誘導のお仕事や、仮設への引越しの手伝いなど、
ボランティアの作業内容はさまざまです。
地震から一ヶ月以上経過した今は、
ニーズは少なくなってきているみたいでした。
それでも、頼みにくいと思われていたり、
ボランティアのことを知らなかったりもするようなのです。
 
 
まずは、そのニーズを掘り出そうっていうことで、
ボランティアのビラ配りを手伝いました!
柏崎市内から比較的に離れたところの住民などは、
知らないかもしれないもんね。
募集をかけられて、14、5人が集まり、バスに乗って米山まで。
で、このバスがどこのバスかと思えば「新発田市社会福祉協議会」!
ありがたや、ありがたや。
 
3つのチームに分かれてビラ配り。
米山は、信越線が土砂崩れで止まったところの近くです。
線路沿いの集落で、一件一件訪問して配って回りました。
「ごめんくださ~い!ごにょごにょ・・・・・・」

お宅ごとに被災の具合はさまざまで、各家には、
「点検済み」「要注意」「危険」の張り紙がそれぞれ張られています。
「注意」のお宅は倒壊の恐れがあるから、
だいたいの場合は誰もお家にいらっしゃらないんですが、
家の片付けや愛着のためか、稀に住んでられることもあります。
 
 
どのお家に行っても、あたしのほうが感謝されてしまう。
「どこから来たんですか~?」とか聞かれたりしました。
ボランティアの人々がどういうひとなのか興味があるようでした。
その気持ちもよく分かるなあーー。

 
あたしなんてただビラ配ってるだけなのに、それしかしてないのに、
頭まで下げられて、申し訳なかったス……涙。
他のボランティアさんたちの手助けが、
それだけみなさんのためになったということなのかしらん。
  

そうそう、
われわれ一人ひとりの行動が、ボランティア全体の印象になるのです。
家屋の目の前で写真をバシャバシャ撮ったりする行為も、
被災者の方々の気持ちからしたら、
「見世物じゃねーーぞ!」ていう感じなわけで、慎むべきなの!!
そうしてわたしも、
写メりたい気持ちをグッとこらえて?ビラを配った次第です。
そりゃ当たり前だけどね、手助けに来たんだからもんねえ。
 
 
 
そうして米山でのビラ配りを終えて、またボラセンターに戻る。
甲子園中継で明訓の試合を見ながらお昼ごはん。
そんなときに母からメールが来ました。
「ボランティアはどうですか~?」
(なんでーーい。自分だって気にしてるんじゃないか!!)と思うあたし。
この帰省中はお母さんと喧嘩してばかりでした。
 
 
さて、午後からもういっちょボラして帰ろうってことで、待機。
今日は休日ということで、普段働いている市民は作業ができるので、
なかなかニーズは少なめ。
午後からもビラ配りに出かけました!
今度は仮設住宅が立ち並ぶ公園周辺の地域。
ここでは25人くらいの団体が4、5人のチームに分かれて配布作業。
米山でそうだったように、ここでも感謝されっぱなし。
申し訳ない、ない、ない。
 
 
それでね、
だいたいのグループが作業を終えて集まりだしたころ、行方不明者発生。
ビラ配ってる途中で、指定の範囲を抜けてどこかに行ってしまったらしく。
その人はぱっと見、挙動不審な感じで、
みんながみんなその人の印象を覚えてました。
で、作業を終えて戻りたいのに全員揃ってないから戻れない。
携帯を持ってないから連絡もつかない。
じゃっかんイラつく人もしばしば・・・・・・。
 
 
仕方ないから手分けして探すことに。
そうこうしているうちに、その彼がひとりでに戻ってきました。
謝るそぶりもない様子のその人・・・・・・。
その場の空気はややぴりぴりしてる感じで・・・・・。
 
 
ボランティアとは言えど、普段はただの人間ですからね、
そりゃあ普段イラつくこともあるんでしょう。
 
 
 
 
後から知ったのは、その人が知的障害を抱えている人ということ。
 
ここでひとつ、あたしは偏見持ってましたーー。
障害者はボランティアしないものだと勝手に思い込んでました。
うううーーーん。ごめんなさい。
 

障害者と聞いて、そりゃ仕方ないわ、と思ってしまったのはありですか?
これも差別なのかなあ・・・・・・う~~~ん。
 
 
この日に出会った、
また別のボランティアさんは彼のことをずうっとピュアだって言ってました。
そのエピソードを聞いて、あたしも感動しちゃいましたが。
 
障害のあるボランティアさんは常連さんみたいでした。
それはそれで、素晴らしいことですよね。
もちろん全国からボランティアが集まってることも。

ほんとにほんとにありがたいです、というのが新潟県民としての気持ち。 
地震にあってもめげないで強く生きていきたいですね!!というのが、
被災者兼ボランティアとしての気持ち。
 
 
世界が思いやりや助け合いで動いていたら素敵ですね。
人間関係とは助け合いや思いやりで繋がっていくものじゃないでしょうか。
 


災害のこと、被災者のこと、ボランティアのこと、
なんだか色んな人に出会い、いろんなことを思ったなあ。
うまくまとまらないで、すみません。
 
 
わたしのしたボランティアが、
誰かのためになったのかはなぞですが、
わたしのためになったことがたくさんあったのは確かです。
たくさんの元気をもらいました!
あたしも元気を配れて来れたのでしょうか~・・・・・・なぞ。
 
 


Kasiwazaki2

 
とりあえず、ひと夏のいい経験までに。
おつかれさまでした。

柏崎も、北海道から来た旅人のあの人も、わたしも、
みんなこれからもなんとか頑張りましょうーーー!!

| | コメント (43) | トラックバック (1)

2007.08.22

北島“肉離れ”でも金!

やりましたー!

北島康介!金!☆
 

いつのまにか世界水泳開幕してたのね~。
北島康介かっこいいっすよね~。

・・・あ、、あ、、あたしだけ?笑
なぜか、彼が昔から好きなんですよねえ。

強いし!!優しいし!!男の鏡です!!
 
 
高校生でオリンピックか何かに出て注目されたのでしたよね!?
そのころが一番かっこよかったね☆

細い締まったからだでね~、胸板がかっこよかった~。笑。
 
 
いま、ものすごい胸板厚いですよね!!
一時期の不調を越えて、さらに強くなって帰ってこれたのは、
この上半身の強化があったからなんでしょうか。
 
 
いまの北島康介もなかなか好き!
応援してるぜよ!!!平泳ぎいいいいいい!!
 
 

 
お知らせが遅れてしまいました・・・今日はイベントです!!

 レイン!ヴぉりゅーむ!ツーー!!


Rainnew

Rain8jpeg

今回のテーマは納涼祭り!
今回は内装にもこだわっておりますよ!期待大!
絶対楽しい空間をお届けできると思ってます☆
ぜひぜひ参加してくださ~~~い♪♪♪
 
 
rain vol.2 @culb rooty

8.22(wed) 22:00~END
DJ:cube.,sumire,HARU,RukA,ヤスタカ
DOOR:¥2000 W/F:\1500


あたしは確か3時くらいからです!
ラストのほう~~~。。。

頑張りまあーーーース!!


Rain8jpeg_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.20

なおしまのなはし!③

 
長々続きましたーー。 
旅日記も今日で終わりでしょうか!
 
 
ついに黄色かぼちゃお目見え☆
直島の人気スポットと言われるだけあって、
大学生ぽい人や20代後半ぽい大人カップルなどなど、
賑わいを見せておりました!
それで、みんな写真を撮るために、なんとなく順番待ち(笑)
なんだか不思議な雰囲気でした。

Naosima14
 
「ああ、ここは観光名所なのだったな」、と再確認。
時間もなかったり、人で賑わってたりで、
直島気分にゆっくり浸ってられなかったのが、残念でした↓↓
 

・・・・・そのわりには、
並んでる人に写真を撮ってもらったり、撮ってあげたりもして、
それはそれで楽しかったですけど(笑)

Naosima13

 

冬に行きたい。
冷たい空気のなかで見たいです。
・・・真夏に行ってしまったからなのか・・・。


 
さてさて、海辺の“黄色かぼちゃ”鑑賞後は、
再びMUSEUMの方面に戻り、
大竹伸朗の「シップヤードワークス」などの作品群を見に。
 
Naosima8_2
 

四方八方が海なワケでして、
夕日がこちらの海では夕日がめちゃきれい☆☆
日本海で見る夕日とはまた違って、
不思議な離島にいるような気分・・・・半分合ってるようなものか?

 
この辺には、大竹伸朗のほかに、
ウォルター・デ・マリア、ジョージ・リッキーっちゅう人の作品が設置されてます。

Naosima12
 
この写真の向こうに見える「3枚の正方形」。
風が吹くと、こんな重そうな3枚の板なのに、
風になびいてゆらりゆらりと傾くんです!!
まじまじと見入ってしまいましたーー。不思議。
 
 
残念ながら、全然写メを撮ってなかったあたし・・・、
たぶん、そんな暇もなく夢中になっていたんだと思います^^;
 
 
大竹伸朗のは、「全景」を見てきて以来だったけど、
シップヤードワークスをみれて、美術館の中で見たそれよりも、
直島で見れたものの方がより分かりやすかった!つうか自然!!
 
(そういえば、MUSEUMには、
同氏のスクラップブックも展示されてました☆)
 
 
 
かなりざっくりだったけど、見て回ったら直島に来たんだなーと実感。
続いて、急いで家プロジェクト方面へ。
夕方だから自転車はかなーーり快適♪♪
行く途中には、でかすぎるゴミ箱も・・・・!!!

Naosima9

後ろのが普通に森なんで・・・3mくらいあるんでしょうか??
なにしろデカくて笑っちゃいました。
中には看板のスクラップみたいなのが入ってました。
 
 
 
 
家プロジェクトは、
空き家だった家の中にアート作品を作るというもの。
あたしが行った時間ではもう閉館していたために、
家プロジェクトのある本村地区を自転車で駆け抜ける、
・・・という、そんな形で鑑賞しました(笑)
 
Naosima1


焼き杉の黒い家がたくさん軒を連ねていて、
これぞ!まさに!「風情」というもの!!
どれが作品でどれが民家かよく分からないかったんですが、
それくらい本村地区が趣きある地区だということです☆
わざと昔のまま残しているのだろうと思われますが、
逆におしゃれなお家ばかりに感じたのでしたーー☆☆
 
  

そして自転車をこいでこいで国道を駆け上がり、
再び宮浦港へと戻ってまいりましたーー。
途中、島民第一号!発見!
散歩中のあばあちゃんに出会いました。
自転車をちからいっぱい漕いでるわけで、
余裕もなかったですが思い切って「こんにちはーー」!
「あーまた観光客だな」と思われたかどうか知りませんが、
にこやかに挨拶していただきました。^^
 
 
港に戻ってからは、最後のお楽しみ!!
赤かぼちゃーー☆★☆★☆★

Naosima3
 
黄色かぼちゃとは微妙にフォルムが違うんですが、
こちらは中には入れるんです!!!
しかもね、
中には白と赤のライトで水玉の世界が広がってました○●○●

Naosima2

・・・・これじゃあよく見えないかもしれませんが(汗)
 
小さいころに遊びに行った「たこ公園」を思い出しました(笑)
 
 
 
2時間だったとは思えないくらい、満喫しました。
半日くらいいたんじゃないかって。
見れなかったとことか、食べれなかったものとか、
そんなのも数々ありますが、絶対リベンジしに来ますから!
一泊3万以上もする、宿泊棟にも行ってやりますよ!!!
 
 
決意と興奮覚めやらぬまま、高松行きのフェリーにのり、
帰路についたのでした。
 
 
 
長かった旅の報告もコレで終わりですね!ああ、満足!☆
 
地域おこしって素晴らしいです。
でも、新しいものと元々あったものを融合するのって、
なかなか難しいのかもしれないですね。
直島に行って思いました。
別に、難しい理解なんて必要ない。
老若男女に楽しめることが大切ではないのでしょうかーー。
家プロジェクトは、直接見れなかったけど、
地域とアートが結びついてる、より良い作品だと思う。
詳しく見てないので、なんとも不確かですが。
 
 
タクシーの運転手さんみたいに、面白くないという人もいれば、
直島のおじさんたちは観光客にとても優しくて、歓迎してくれる。
 
 
みんなが満足なんて形には遠いのかもしれないですが、
「現代アートによる地域おこし」というビジョンに共感を得ました。
福武総一郎は新しい?地域づくりを実践しているんだと思うのです。
 
 
早く、妻有アート見に行きたい!
大地の芸術サーーーイ☆★☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.17

なおしまのはなし!②

なつやすみの宿題は早めに終わらせないとですね、。

…というわけで、忘れないうちに残さねば。。

背負わなくてもいい義務感を背負って、今日も書きます!

 
夢の直島に到着したワケですが、タイムリミットは2時間!
2時間みっちり楽しむしかないわけですね~。
 
とりあえず、
ベネッセハウス→家プロジェクトのコースだけ回ることに。
 
 
宮浦港にてフェリーを降りると、
目の前に海の駅「なおしま」というのがあるんです。
そこで、自転車をレンタルして、いざ出発!!

Naosima11_2

海沿いの道を汗をかきかき、進んでゆきます・・・・
はじめは風を受けつつ快適にこいで行ったんですがね、
そりゃあーもう激しいの!上り坂が!!直島!!
 
途中からは、自転車を押して山登り・・・・汗汗汗汗汗あせあせあせあs
 

 
でも頑張って登った先には下り坂があり、
そして、地中美術館がありました☆

Photo_chichu

安藤忠雄が建築し、
クロード・モネ、ジェームズ・タレルとウォルター・デ・マリアの、
3人の作品だけが置いてある美術館。
 
 
「美術館を鑑賞しだしたら2時間じゃ終わらん!」ということで断念・・・。。
“次回のおたのしみ”、になりました。 
 
 
 
そしてぐんぐん進んでいくと、ついにベネッセハウス!☆
入り口にいたスペインぽい外人さんに、英語で話しかけられる。
 
  (ここもうやってないの??)
 
それに答えるあたし。必死。
 
  「NO!」・・・笑
 
一体カナダでの3週間で得たものは何だったのか。
「NO!」じゃ伝わらないっつうの。
 
必死で、「まだやってるよ」と伝え、
知りもしないのに、「自転車で入れるよ」とウソをつく。
 

ベネッセハウスまでの道のりで、
案の定、自転車は止められたのでした。笑 

きっと外人さんには、
(あのガキ、うそつきやがって!!FUCK!!)
とか思われたことでしょーー、すみませんでした(笑)
 
 
ベネッセハウスまでの道のりは、上り下りが激しかったですが、
海を眺めながら、歩くというのは気持ちよかったです。
涼しい時期なら、もっと、ずうっと良かっただろうに・・・。

Naosima7
 

なんだかんだ登っていくうちに、
ベネッセアートサイト直島”の中核、ベネッセハウスに到着!
ベネッセハウスはMUSEUMという美術館と、
PARK、BEACH、OVALといった宿泊棟とがあって、
これらも全部安藤忠雄の建築なのですね☆☆
しかも、MUSEUMは美術館と宿泊棟併設になっていて、
そのまんま、泊まることも出来ちゃいます。

 
美術館には、大竹伸朗の作品やらジェームズ・タレルやら、
日本人、外国人・・・etc
いろんな作品が、いろんなやり方で展示されてました。
あたしたちが行ったころには、
ちょうどギャラリーツアーをやっていて、
レストランのウェイターみたいな、
イカしたお兄さんがお話しをして回っていました☆
わたしは自分のペースで好き勝手やりたい方なので、
ついては行かなかったですが、聞き耳だけ立てておりました★
 
 
館内は写真撮影禁止だという常識を越えて、
シャッターを切りまくる外人さん・・・自由だなあ。
(誰かと思えば、あたしが入り口でウソをついた人でした。)
 
 
海を窓の向こうに見ながら、作品を鑑賞したり、
高い壁の向こうの空を、石に寝転んで眺めてみたり、
普段の美術館では味わえない楽しみでした♪
ワケのわからないデカすぎるオブジェがあったりね、
夜明けの海を待って何枚も撮られた写真が、
海沿いにズラリと並んで展示されてたりね、
ここまでの道のりの辛さを忘れて、いい気分に浸りました☆
 
 
 
そして、MUSEUMを出て、PARK、BEACH方面へ・・・。
向こうに見えたのは、待ち望んだ「黄色いかぼ」さん!☆

Naosima14_2


まだまだ続きます!まだまだ続きます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.15

なおしまのはなし!①

 
実家生活にのめりこんで忘れてしまいそうだ・・・

今日は直島の話を思い出したいと思います!!
 
 
芸術かぶれのわたしは香川県は直島にある、
「ベネッセアートサイト」に行ってみたかったんですねー。
んで、
下調べに福武総一郎のインタビューとか少し読んだりしてたら
ますます行きたくなってしまい、
当初9月の予定が待ちきれず、8月に、それもお盆に行くことに。

 
その、お盆に行くっちゅうのが間違いの始まり。
直島混んでるんだろうなーなんて覚悟はしてたんですが・・・
高速の大渋滞までは考えておりませんでしたーーー・・・・馬鹿・・・
 
 
 
夜11時に東京を出発。
この時点では夢の直島に行ける期待で胸いっぱい。
到着予定は7時ごろ。
山本うどん食うベーーっつって、プランなども立てつつ・・・就寝。
 
 
途中はじめての休憩。
時計の針は3時だか4時を回っておりました。
ここどこーーって見たら、海老名っ!!!
・・・・「遅っ!!!」
眠気も冷める。。


こうしてやっと気づいたのです。
お盆休みの金曜の夜。
・・・そうか、世間は帰省ラッシュかと。
日本民族大移動・・・勝てないっス。
 
 
もう朝7時岡山到着なんて予定は絶望的。
朝7時になんて名古屋にやっと着いたくらいで・・・
直島への道のりは、長い、長い、長すぎる!!
こりゃー山本うどんとか言ってられない。
予定は狂いっぱなし。
わたしね、その日の夜行バスで東京に帰る予定なんです(泣)
直島での滞在時間が、渋滞のために削られていくーーー
しかも、行けども行けども岡山に着く気配ナシ。
チーーン・・・・・・涙。
あたしはもう、バスん中で泣きそうになりましたよ。。
 
 
夏休みのBIGイベントだったのに、
着かないかもしれない。岡山観光になっちゃうかもしれない。。お金払ったのに、ムダに終わるかもしれない。。またいつ来れるのか分からない。。悶悶悶々・・・・
 
 
同行してくれた人は、そりゃあもう動揺して、
一生懸命機嫌とってくれました(笑)
「妻有にも行ったらええやん!」とか、
「行けそうなところ、連れて行ったろ!!」とか・・・・
おかげで夏休みの予定、2つほど追加(笑)
ご迷惑おかけしました。。

 
 
あっついバスに揺られて15時間後、岡山にやーーっと到着。
もう、おしり、痛い。
危ぶまれた直島観光も、
最終フェリーに飛び乗るという形で達成できる見通しが立ちました!
岡山―宇野間で、ままかり寿司食べながら、しばし安息。 
 

ところがですね、
電車が出発し出したころ、衝撃事実発覚!!
「この電車じゃ、3分間に合わない!!」
最終フェリーが16時30分。
電車が着くのは16時33分。
宇野駅から宇野港までの移動時間も踏まえたら完全に無理。
「・・・えーーーー・・・・(唖然)」
 

どうにか行く手立てはないかと、考えた結果、
途中の駅で降りて、TAXIを走らせることに。
電車で40分かかるところを、TAXIなら30分で行ける!ということで。
途中の茶屋町で下車したら、ダッシュでタクシー乗り場へ!
 
 
タクシードライバー吉和さんにかっ飛ばしてもらいました。
制限速度おかまいなく、時速70キロで岡山を行く!!
途中、吉和さんから衝撃的なお言葉いただきました。
 
「直島行くんですかーあんな奇抜なとこ、意味分からんですよ。」
「わたしも1度見に行きましたけどね~、だまされた、笑」
「直島行くんなら、倉敷の○○園行ってくださいよ~。」
「やっぱりね、結局、自然や本物には勝てんのですよ」
 
うちらは立場もなく、笑うしかない。笑
これが岡山県民の本音かーーと勉強になりました。
香川に観光客取られてる感覚と、
意味の分からない「芸術」に島を乗っ取られてる感覚?
まあ、いい気分じゃないですわなー。
福武総一郎としては、
現代美術を地方に持ってくることに意味があって、
そのことによる「地域づくり」が根底にあるということなんだけど。
当然、いろんな見方があるということですよね。
 
 
そうしてフェリー出発5分前に港に到着!!
ここでようやく、直島行きが決定!!
良かったあ~~~~・・・・・(脱力)。
もう、この旅ののMVPは、
何を言われようともドライバー吉和さんに決まり!!
サンクス!!!泣。
 
 
こうして、バスに裏切られ、電車に裏切られながらも、
なんとか直島への切符を手にしたのでした。
フェリーに揺られること25分。
ついに直島の地に足を踏み入れるーーーーーーーー!!!

 
Naosima17

Naosima19

Naosima10


ということで、もうしばらくお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.13

遠○ちゃんかっこいい☆

 
 
午前中に帰るつもりが…
支度が面倒くさくて…
今から帰省します。。
 
 
 
帰るの面倒くさいなーー↓↓
瞬間移動できたらいいのにねぇ。。
 
 
なんつって萎えてたけど、
途中で遠藤ちゃんに会った♪♪
神と崇拝するほどに、敬愛する遠藤ちゃん…☆☆
山形行きと新潟行きのホームが一緒だったから、
南○野からホームまで同行しちゃったーーo(^▽^)o
いやぁ良い帰省になりそうです。
なんてったって遠藤ちゃんに出会えたんだから。
かっこいいなぁ〜遠藤ちゃんは…。笑
 
 
 
 
新幹線は空き空きです。意外にも。
もはやUターンが始まってるからですかね??
 
 
 
 
いやぁ気分がいい!
遠藤ちゃんに会ったし、座れたし!
となりの人がイカ臭い弁当食べてようとも、
今のあたしには問題にならないわ〜。
 
 
 
 
一週間近く、バイトもしないでぐだぐだ出来る…幸せです★
ぐだぐだ飲みたいねぇ。
 
 
 
 
帰省のたびに会う面々には、
今回もきっと会うんでしょう。
特別に期待することもないっす(笑)

いや、遊ぶのはすごい楽しみ!!汗
 

まぁ成人式に自分プロデュースするのが、
夏休みの楽しみかなあ…♪
自己満な感じで行くけど、わりと地味に行きます…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.11

取り急ぎ感想まで

快速マリンライナーからお送りしております。
 
 
高松から岡山へ向かっておるのです。
 
 
 
直島行ってきましたーー!!

 
東京→岡山間で、15時間かかったこととか、

ギリギリ間に合った電車なのに、到着時刻が遅くて、
最終のフェリーに間に合わないことが発覚したりとか、

楽しみにしていた直島なのに、
2時間半しか滞在出来なかった…

…なんていう数々の災難に見舞われながらも、
行くことが出来てとりあえず良かったと
しみじみしてます…(*´`)
 
 
 
そして今わたしは瀬戸内海を電車で横断しました!
暗くて何も分からないですが…地味に感動っ☆
 
 
やたらと余裕のない旅でしたが、
今回味わえなかった分は、
次回もっと楽しめるから、
めげないで、再チャレンジします。
 
 
 
こんな帰省ラッシュの時期に、
夜行バスを移動手段に選んでしまったことが、
この旅の誤算の始まりでした。。
夜11時に東京駅を出て、岡山に着いたのはなんと昼の3時…
考えられへん!!!
何度となく途方に暮れ、涙を滲ませたことか(T_T)
 
 
 
帰り道思うことはイロイロ。
明後日には実家に帰省。
直島の経験を無駄にしないように、
妄想を膨らませ、思い出を整理しときたーーいっ(*_*)
 
 
 
たとえスッチーと夜空に羽ばたこうとも、
相棒が同行してくれて良かった!
母のような器に謝謝☆☆
 
 

実家に向かった相棒と別れ、帰りはひとり夜行バス。
…爆睡出来そうです★

 
 
しばらくしたら写真載せます!
乞うご期待ぃーーーー!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.10

感動体験


あまり誰にも気づいてもらえないのですが…、


髪切ったんです!!!!☆
そしてまたパーマネント当てました★


黒髪ボブよりも、今の頭のほうが似合うかもしんないです。
美容師さんいわく、
「この肩に付かないくらいの長さで、まっすぐボブにすると、
Bっぽくなっちゃう」らしくて。


このたびも完全おまかせでしたが、
美容師さんの気まぐれでパーマかけましたが(笑)、
大満足で帰ってきました♪♪♪

コンセプトは、
「曽我部×カンヌ×どきどきパーマ」!
意味わかんないすね、。


曽我部ぽい憂いとか、
どっちかというとヨーロッパ風な華とか、
どきどき感のある髪型!!っちゅーわけですね!


 

毎回違う髪形が完成するのですがね、
それもあたしの無計画性と、
美容師さんの気まぐれによるもの。
相性ってあるんですかね、いつも大満足◎
 

美容院に行って後悔するか、しないか、
なんて話をお友達としていて、
最近そういうの味わってないなーっておもいました。
 

あたしが無計画だからか、
美容師さん(女)のことが大好きだからってのもあるでしょうし、
回数を重ねて、毎回同じ人にしているから
相性良くなってきているのかな、なんつって!
 
 
美容院に行くっていうのは、ちょっとしたイベントで、
美容師も感動体験の提供っていうのでしょうか。
美術館も旅行も、買い物で店員さんと盛り上がるもの、
感動体験ですな!!

感動体験を伝えたいね!
媒体を通じるのがポイントなのさ!
冊子が一番いいなあ。。
最近は、地域づくりということにも興味があって、
全国紙の雑誌に対しての興味はあまりないな、と・・・
 

雑誌とか冊子が作りたい!とはいえど、
どんなのがいいか、っていうのは漠然としていて、
でも最近になって、徐々に明確化してきたかもしれないです。


あたしには大きな野望よりも、小さな野望が似合うかも。
あたしにとっちゃ大きな野望なんですけれどもっ!!汗

父親譲りの奉仕精神?お人好し?を感じるこのごろです。

そんな風に思うようになったのは、
福武総一郎の考えに影響されまして。
結局はまた誰かしらの影響なんだけど、でもそんなの関係なし!
(開き直り、というか、・・・。)

だから今夜、勉強の旅に出ます!!★
福武総一郎のつくった、理想郷のような直島へ☆☆
超タノシミ!!♪

あ、そうそう、チケット届いたよーー^^
初メタモも楽しみだな♪♪


070810_12000001


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.08.09

夏休みのススメ?

夏休みが来ましたーーー♪いえい!!☆


8月は直島に行ったり、地元で成人式出てみたり、
イベントやって、メタモに参戦して・・・・

・・・まあだいたいの予定がそんな感じです。

寂しいーー。。


海の外にでも旅に出れたらいいですよね、夏休みだし。
今年の夏はお金がない…あんまバイトしなかったからな↓↓

そのかわり、近場?国内で楽しもうという決意をしました。


そしたらね!!今月のOZマガジンが!!


416


「五感で感じるアートな旅へ」
「美術館に行こう」

なんていうタイトルで、表紙が直島の赤かぼちゃ♡♡
そんなわけで購入してみましたーー♪

 
 
意外と現代美術って全国に散らばってるもんですね!
香川の直島もそうだけど、
地元新潟の妻有とか!!☆
青森の県立美術館とか!!☆
金沢の21世紀美術館は有名ですが!!☆
他にも北海道のモエレ沼公園とか、
群馬にはHARA MUSEUM ARCなんてのも。

 
関東の美術館も今かなりアツイです!
あたしは東京都現代美術館が好きなんですけどね、
いま、ここでは岡本太郎の『明日の神話』が見れるんです!
あたしが昔、見たいなーと言いつつ行けなかった作品…。


この作品が完成するまでの過程には、
ものすごい苦労と時間がかけられていて、
その様子はほぼ日刊イトイ新聞でうかがえます♪
糸井重里がやってるWEBマガみたいなサイトなんす。


超行きたい!!

このOZマガは買いでした。
こりゃあもう、あたしにとっては永久保存レベルですっっ


夏休みの予定がさみしいなら、
立ち読みでもしてみたらいいと思います。

もうひとつ、最近毎日見てるブログを紹介します。

「西野公論」 BYキングコング西野

テレビで見る西野とはぜんぜん違う表情が。

西野は、意外と青い男なんだなーーと好感を得ましたw
特にね、いかりや長とお笑いについて書いてる日のがなかなか◎


暇なときにでも読んでみたらいいです。
西野が毎日更新してるってのがすごいなーと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.08.01

キミはスッチーに勝てるか


Cimg2403 


先日、落ち込んでいましたあたしですが、元気です。
そりゃーもう、元気です。

レポートも残すは3つ・・・なるようになるかな!!
なんつって気を抜いているくらい。


こんなあたしにも一緒に遊んでくれる彼氏という存在が!
1年足らずのお付き合い?なわけで・・・
今日はそんな彼のお話です。


あたしのお友達にも、結構おなじみなんです・・・
一緒に飲みに行ったこともありました・・・

 
 

そんな彼が、
スッチーに逆ナンされました(笑)
 
 
 
彼のプライバシーも気にするべきでしょうが、
これはもう、おもしろすぎるので書きたいです。
 
 
 
電車で出会って声かけられて、早や一週間弱・・・・
前の彼女とか、そんな存在なら気にならないんですよ。

 
  
でもね、スッチーって!!!!!笑
 
 
 
あり得ないです、そんなネタみたいな話・・・・プッ(笑) 
この話をお友達に暴露したら、
「そんなジャンプみたいな話ないよ!笑」と笑われました。笑
 
 
 
 
あーわたしもう負けてます。
戦わずして、負けです・・・。 
スッチーに打つ手ナシです。 

 
 
女史のみなさん、あなたならどうしますか。
相手はスッチーですよ!!
 
 
 

・・・久しぶりにおもしろい出来事です、笑

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »