« nemu...... | トップページ | 衝動 »

2007.07.28

錯覚

感覚的な出来事はすべて錯覚だ、
といった哲学者がいました。
彼は理性的に、論理的に哲学せよ、と言ったのです。


あるものはあり、あらぬものはあらぬ。


ないものなど、ないのです。
存在するものと存在しないもの、そのどちらかで世界は構築されている。


いくら目には見えなくなっても消えたわけじゃない。
彼の哲学においては、事物の変化などは認めません。
変化、生成、消滅…それは存在のあり方が変化しただけで、
存在の否定には及ばないのです。


論理的に、理性的に、…


どんな感覚的な定義よりも、
事実だけを認める彼の哲学におおいに納得しました。
しかしそれだけで世の中をを語るには難がある、ような気がします。


あるか、ないか、それだけの世界だ、
と前にも書いたわけですが、
・・・・

ないものはない、だなんて。
そんなふうに簡単に割り切れないものもありませんか。
「ないものねだり」と言ってしまえばそれまでですが。


だからって都合のいい代替を考えるのもなんだか。。


しかしまあ、思いどおりにいかないものです。
ないものはないのだから、仕方ないのか。

・・・そう、思い通りにはいかないものです!


「ないものねだり」はおろかなものです。
ある人いわく、
変な期待や思い込みは感覚的な錯覚なのである。

ドライになりたいわたしです。ばかばかばか・・・


うん・・・単位が欲しい。笑
週末はうっかりバイトしてしまいますが、
テスト頑張らなくっちゃ。チャっチャ。

|

« nemu...... | トップページ | 衝動 »

「考えごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100203/7295589

この記事へのトラックバック一覧です: 錯覚:

« nemu...... | トップページ | 衝動 »