« わたしのいろいろ | トップページ | やばいやばいやばいあ »

2007.05.25

甘く小さな嘘

 
「スイートリトルライズ」読みました。


Photo_11
 
ひさしぶりの江國香織。
 
 
どれをとっても不満のない毎日があって。
それでもどこか、もの淋しさを捨てきれない。
その淋しさは、夫でも救える類じゃなくて、
そこでルリコはひとりの男と出会う。
 
 
瑠璃子とその夫・聡のお話。
瑠璃子は聡のことが大好き。
二人の愛は冷めている、というわけでもない。
でも瑠璃子はどこか淋しい。
夫といると、「時々すごく淋しくなる」。
「2人の生活には恋がない」と思う。
 

一方で、聡は大学時代の後輩に、
瑠璃子にはない魅力に引かれていく。
  
瑠璃子と聡はお互いに内緒で、
愛するひとに出会い、
もうひとつの居場所を見つける。
 
 
それでも、
瑠璃子は聡が着く前に家に帰る。
聡は必ず、瑠璃子の待つ家に帰る。

端的に言えば、浮気の話?W不倫?笑
 
でも、
相手に嘘をつくのは守りたいから。
「人は守りたいものに嘘をつく。あるいは守ろうとするものに」。
 

瑠璃子の浮気がバレなかったのは、
聡が瑠璃子の生活に興味を持たないから?
でも瑠璃子は聡と別れる気も、
愛人と逃げる気もさらさらない。
聡の浮気がバレないのは、
嘘のほうが饒舌に話せるから。
嘘をつくことで、夫婦の関係はうまくいく。

守りたいからこそつく嘘も、あるんだ―――。

なんて都合のいい話だ!とも思う。 
 

ある人は、 「こんな夫婦は破綻だ!」とか、
「崩壊まで時間の問題だ!」なんて言うかもしれない。

でも、あたしはそこまで否定できなかった。
相手を思っての嘘なら、それも愛かなあ。
 
でもやっぱり、
キッパリと嘘をつくことは、あたしには出来なそうです・・・。
  

正直でいることが、いつだって正しいことだとはいえないよ。
正直でいることは、凶器にだってなるんだもんね。
 

「甘く、小さな嘘だ」と、
穏やかに許してあげられたらいいものです。
 
 
江國香織の小説は、狂気じみた感情がズキリとくる。
私達の秘めた感情を代弁してくれるかのよう。
だからこそ、共感してしまうこともあって、
何度も彼女の本に手を伸ばしてしまう、と思います。

「スイートリトルライズ」
最近のあたしの心境に近いものがありました(笑)

|

« わたしのいろいろ | トップページ | やばいやばいやばいあ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100203/6544641

この記事へのトラックバック一覧です: 甘く小さな嘘:

« わたしのいろいろ | トップページ | やばいやばいやばいあ »