« Photography as the theater | トップページ | 心象 »

2007.03.21

食べさせたい日本食とは。


一度行ってみたいわーと思っていたチャイナタウンに、
今日足を運んでみました。
 
来るもの去るもの何でもオープンな移民の国なだけあってか、
あたしの知っている中華街よりもずうっと古そうな街並みで、
本当に昔から彼らの手によって作り上げられてきたんだって、
しみじみ思っちゃうようなチャイナタウン。
Cimg2069 Cimg2060 Cimg2078
Cimg2050
道端で餃子のピザみたいなのを買って食べたけど、
超おいしかった!!☆
店主のおじさんも優しそうなチャイニーでした。
チャイナタウンて、マフィアが悪いカジノとか経営してることって、
勝手にイメージしてたんですが、…全然そんなことなかった(笑)

北米1デカい、チャイナタウンに行ってきたのでした。
 

 
そしてその後、海を目指して電車・バスを乗り継ぎ。
それでも30分ほどで海!
バンクーバーは交通の便がいい。都会だ。
そしてイングリッシュ・ベイに到着!本当にキレイでした!!
カナダに来て、一番の感動を覚えました。
ザ・ベストオブカナダ!!!
Cimg2089 Cimg2094 Cimg2099 Cimg2103 Cimg2114 Cimg2120 Cimg2123 Cimg2124


公園では放し飼いの犬たちが駆け回ってて、
子供達は遊具でわーきゃー。
海辺の歩道ではマラソンする人、ローラーブレード、
スケボー、サイクリングをする人…どれもめっちゃかっこいい。
何ていうか、お台場の海浜公園ぽいと言えばそんな感じ。
それよりも住宅街ぽいし、ヨットハーバーぽいし、
落ち着いている感じ・・・・☆
カメラの電池が切れるまで、写真をたくさん撮りました。
ここで見る夕日は、かなりきれいなんだろうなー。
あたしは手のかじかむ寒さに耐えられず、
惜しみながらも退散・・・さようならイングリッシュ・ベイ。
 

そう、あたらしいお友達も出来ました。
Cimg2093_2 Cimg2092
純粋カナディアンの彼。
ママとぶらんこが大好きなのです。


 
珍しく晴れた日は出かけなければね!!
埼玉はむしろ雨のほうが珍しいからなー。
晴れてるのがこんなに嬉しいのは久しぶりでした。
晴れてなきゃ何も楽しくない海だったな^^;
本日は非常に有意義な日でありました。


楽しいカナダ生活も残すはあと11日・・・。
半分来たところで、かなりあっという間。
後悔のない日々にしなければ。
 
 
ホストファミリーに日本の食事を作ってやりたい。
でも何作りましょう???
友達はお好み焼き、肉じゃが、なんて言ってます。
誰かなんかいいアイデアをあたしにっ!!!

|

« Photography as the theater | トップページ | 心象 »

「かなだ日記」カテゴリの記事

コメント

トロントとかバンクーバーとかカナダのチャイナタウンが今のようになったのって、1970~80年代の頃で、案外日本のチャイナタウンの方が古かったりするらしいよ。

投稿: ぐっち | 2007.03.21 21:57

ヤバイ!写真見るとホント外国いいわーってなる☆楽しそうやね~!!

投稿: Shhinta | 2007.03.21 22:02

あたしは爆弾丼が食べたい!

投稿: ちかFIN | 2007.03.22 09:43

ぐっち!
日本の方が古いん?!!
勉強不足だね~すみませぬ。。
何ていうか、バンクーバーの方は廃れてて(笑)、
いい味出てたと思うわー。
日本ほど華やかじゃないのは、どうしてだろ??
 
しんた!
外国いいわー(*´`*)
あたしはヨーロッパ系の街並みが好みみたい。
…ということが分かりました。
移民の国では単民族国家のスタンダードが通用しなくて、新鮮だよ。楽しい!
 
ちかふぃん!
爆弾ドンて何だ?!!
刺身乗ってるやつ…??
何作るかなー。
てか、あなたの食べたいもの聞いてないし(笑)

投稿: sumire | 2007.03.26 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100203/5764054

この記事へのトラックバック一覧です: 食べさせたい日本食とは。:

» 日本食納豆 [http://nattou.ota4.net/]
納豆は大豆を納豆菌によって醗酵させた日本の食品で、現在では糸引き納豆の事を指します。 納豆にご興味がありましたらどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2007.03.22 13:10

« Photography as the theater | トップページ | 心象 »