« じれーー | トップページ | うーあー。 »

2006.07.06

「そうだ、京都に・・・」

三島由紀夫の『金閣寺』

ちょこちょこ読み進めて・・・やっと読み終わった。
途中から読み終えることが目的になってた感もあるけど・・・
でもそれなりにのめりこんでました 三島由紀夫ワールド?

難しい日本語たくさん出てきて、中には読めない漢字も・・・。

それでも読み終わって思ったことは
三島由紀夫って人は、情景描写がめちゃくちゃ丁寧で
その描写のためにつぎ込まれる言葉が綺麗なんだー
上品な言葉遣いってわけじゃないんだけども

すごい的確な言葉を使ってる。・・・と思う。
きっとその情景にはその言葉しか当てはまらないんだろうなー
と勝手に思いました(笑)

ただ目の前にある景色から意味を見出すなんて、想像力が半端ないなー。
実際本当に感じ取っていたんじゃないかってくらい丁寧で的確な情景描写。
しかも意味づけが何か「美」とかそんなんに絡んでる

しかし理屈っぽいとも言えるのかしら。
おじーちゃん、お父さん、自分・・・と3代で東大法学部卒だしっ
エリートだねえ・・・


まー読み応えありました。
共感したりしなかったり。

金閣寺が見たいなー。
今あるのと当時のでは全然違うのかもしれないけれど。
余韻に浸りたくなりました。
ホント、いつ行こう京都ー??笑

|

« じれーー | トップページ | うーあー。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100203/2519578

この記事へのトラックバック一覧です: 「そうだ、京都に・・・」:

« じれーー | トップページ | うーあー。 »