« 中欧ひとり旅① | トップページ | 中欧ひとり旅② »

2006.06.16

雨のよると

 
なみだはきっと女の武器なんでしょう。
この目からはなかなかでてきてくれません。
手料理なんてきっとほれ薬で。
あたしにやらせたら、ここぞとばかりに手を切っちゃうな。

もう、にほんがだめならってことでついに海外に飛ぼうとしています
(ちがうけど)


ハナレグミが歌う「男の子と女の子」
なんか声が雨のよるにぴったりだーー

ひびくーーー

でもあたしはこんなかわいい「女の子」じゃないなあ。
なんだかんだいってもかわいい「女の子」
ギャップが。ギャップが。ギャップが・・・

さいきんは生きていて違和感を感じることが少なくなった。
きっと自分の好きなように生きてるんだろうな
そういう意味でわがままなのかもしれないね。
 
違和感を感じなくなったのは
色んな「フリ」をしなくなったから
こころで矛盾を感じるようなことはしなくなった。言わなくなった。

(・・・っという傾向にある
断言できないのはまだそんなことしてる自分がいるからね。)

「フリ」をしなくなったのは
「フリ」をする自分に限界を感じたからか
それでも認めてくれる人(達)と出会ったからか
むしろ「そうあるべきだ」と教えてもらったからか
まーきっと全部。
自分に矛盾のないこころはとってもすがすがしいね、しずかで

 

「顔で笑って心で泣いてる」なんてなかなかできない。
だからいつも笑ってる人ってガマンしてるわけで
すごいなあ、えらいなあって思います。
すごいねえ、えらいねえって言っちゃいます。
(その時点であたしは思ったまま言っちゃってるし)
 

いつも笑ってるあの子にも
つらいときには駆け込める場所があると思うと
ほっとします。
ガマンして周りの空気うかがってばかりいたら疲れちゃうよ。
休む場所も必要だもん
 

あたしはそういうタイプではないみたいだから
だから、こーなってるんでしょう(意味不明;)
素直だったりひねくれてたり…
さすが、AB型なだけあって二面性があります。それも両極端をなす勢い。
 
いつか血液型の壁を越えられるかなー
 

素直でいると
いつのまにか素直でいようと「フリ」をしてる自分がいて
ひねくれてると
だんだんとガマンしてるような窮屈さを感じ始める・・・

なにこれー。超面倒くさい人間。
 

 
でもとりあえず
ちょっと前の自分よりも今の自分のほうが好きだと思います。
常に自己否定の道を行くあたしが、こんなこと言って恥ずかしい限りですが。
 
 

部落問題とかの勉強してるとね、
差別とか障害とか何か問題にぶつかってる人の方が
はるかにものごと考えてるなって思うよ。
自分のことも、生き方みたいなことも。
そーいう人たちは問題にぶつかったことがきっかけになってるんだけど。
 

あたしには彼らと“同じような”きっかけはない(だろう)けど
あたしの中に、日常に、きっかけはたくさん転がってるんだ。
やっぱり見落としたくないな。見落としちゃいけない。
 
 

あたしはかわいい「女の子」になれないけど
きっとこれからもなれないし、もうなりたいって思わないな。
あたしはめんどくさいことを考えて、めんどくさい生き方してるんです。
ずっとこんなままの気もするけど、それはこれから変わるかも分からない。
 
 
 

はーなんか、書いてるうちに自分を許せてきました。
かわいくなくたって別にひがまないよ(笑)

 

こんなことがわかってもらえなくてもいいのです。
わかってもらうのをあきらめたわけじゃなくてさ、
わかってくれる人を探しに・・・わたし旅立ちますから。(いや違いますよ)


 

お時間です。長くなりました。本当。
今日はこの辺で。

|

« 中欧ひとり旅① | トップページ | 中欧ひとり旅② »

「考えごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/100203/2237920

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のよると:

« 中欧ひとり旅① | トップページ | 中欧ひとり旅② »